プラセンタのサプリ/化粧品の口コミブログ。フラコラのプラセンタ、ヴィーナスプラセンタなど人気のプラセンタサプリ/化粧品を徹底レビュー!

menu

プラセンタオタクのブログ【プラセンタサプリお試し口コミブログ】

プラセンタおたくのブログ
【プラセンタ口コミレビュー】
プラセンタって、種類が多くて、
どれがいいのか分かりずらいですよね。

このサイトでは、”本当に効果があるのか” ”安全性は?”など、管理人が実際に プラセンタサプリを体験し、リアルにレビュー していきます!
プラセンタサプリおすすめランキング

フラコラWHITE'stプラセンタ

フラコラプラセンタの口コミ
お試し980円

ヴィーナスプラセンタEX

ヴィーナスプラセンタEXの口コミ
超高濃度なのに!!初回1,000円

FUWARI

FUWARIの口コミ
コラーゲン付で初回980円!

プラセンタサプリの選び方・抑えるべきポイントはコレ!

良いプラセンタサプリメントを見極めましょう!

プラセンタを飲みたいけど、種類がいっぱいあるしどれを選んだらいいかわからない・・。そんなときには、高いプラセンタサプリ=良いサプリメントと安易に考えてしまいがちです。値段が高い=高級でいいものとは限りません。中身それほどのものでなくても、広告やパッケージで商品を良く見せることは可能ですので、しっかり見極めて、自分に合うプラセンタサプリメントを選べるようにしましょう!

fracola2_compressed

1.品質の見極め方

  1. 品質管理をしっかできる体制があるか
  2. サプリメント協会などの品質試験をパスしているか
  3. 危険な添加物が入っていないか

このあたりを重点的にみていくといいでしょう。

1.品質管理をしっかりできる体制があるか

国内の原料プラセンタの原料メーカーは、そういくつもありません。その原料メーカーから、プラセンタの原料を買い取って、プラセンタサプリを製品化している場合がほとんどです。中には、製造・生産までをすべて丸投げという場合もけっこうあります。その場合は、品質管理は、製造元まかせですので、品質管理ができる範囲は限外がありますね。

・ある程度しっかりしていて、数量が売れているだろう企業のもの
・サプリメント評議会認定のものや、GMPマーク(”原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステム”)がついているもの。

saplimentkougikai

3.危険な添加物が入っていないか。

添加物に関しては、毒性があるだろうと言われれいるものでも、厚生労働省から禁止されていないものもあります。例えば、とくにサプリメントで使用されている、「二酸化チタン」は、発がん性の疑いがあるとの情報も。ドリンクについても、”ぶどう糖”や、艇カローを実現するための、人工甘味料が含まれているものが多いですよね。サプリメントは、ある程度飲み続けて効果を得るものなので、危険性のある添加物、人工甘味料が含まれていないものを選ぶようにしましょう。

短期的には飲んで問題なくても、長期間飲むと、体に害を与えられるものもないとも言えません。

2.プラセンタの配合量

JBPポーサイン(MDポーサイン)

プラセンタの配合量には原料換算・エキス換算があります。原料換算ではなく、エキスの重さそのものでどれぐらいのプラセンタが配合されているか確認するようにしましょう。

原料換算=プラセンタの原料にどれぐらいの重さを使っているか。(メーカーの自己申告)
エキス換算=プラセンタエキスそのものがどれぐらい入っているか。(実際に入っているエキスの重さ)

原料換算は10000mgでも、実際のエキス換算では200g以下、原料換算では5000mgだけれど、エキス換算では300mg以上など、原料換算については、メーカーによってさまざまです。

3.原材料

プラセンタの原材料ですが、ヒトの胎盤を使ったものは、注射のみす。プラセンタで一番の主流は、豚か馬です。動物のアレルギーがある方は、薔薇や麦などの植物性プラセンタもあります。

buta

・ヒト(注射のみ)
・豚・馬・羊・魚・薔薇・その他の植物

安全性からみると、豚はアルゼンチン産、馬は国産(北海道産)のものがおすすめです。アルゼンチンは、国をあげて養豚に取り組んでいるため、厳し品質管理が行われています。また、家畜病が一切ない、数少ない国の一つです。

4.価格

国内の原料メーカーは決まっています。ですので、大元の原料の仕入れ先はそれほど多くないのです。ですが、値段に差が出るのは、広告費宣伝費や、商品の売れ数(たくさん売れれば、原価を下げることができます。)など、メーカーの方針で決まります。高いプラセンタサプリメント=良いということではなく、「品質」「浦センタエキス量」などをみきわめて、続けられる価格のプラセンタサプリメントを選ぶようにしましょう!

 プラセンタおたくのブログTOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

本物のプラセンタとは?製薬メーカーに聞いてみた

  1. ヴィーナスプラセンタ原液 成分

    ヴィーナスプラセンタ原液の口コミ。原液を300%生かす効果的な使い方も。