プラセンタのサプリ/化粧品の口コミブログ。フラコラのプラセンタ、ヴィーナスプラセンタなど人気のプラセンタサプリ/化粧品を徹底レビュー!

menu

プラセンタオタクのブログ【プラセンタサプリお試し口コミブログ】

プラセンタおたくのブログ
【プラセンタ口コミレビュー】
プラセンタって、種類が多くて、
どれがいいのか分かりずらいですよね。

このサイトでは、”本当に効果があるのか” ”安全性は?”など、管理人が実際に プラセンタサプリを体験し、リアルにレビュー していきます!
プラセンタサプリおすすめランキング

フラコラWHITE'stプラセンタつぶ

フラコラプラセンタの口コミ
初回お試し980円

ヴィーナスプラセンタEX

ヴィーナスプラセンタEXの口コミ
超高濃度なのに!!初回1,000円

FUWARI

FUWARIの口コミ
コラーゲン付で初回980円!

プラセンタの肝臓修復効果~GOT・GPT・γーGTPの数値が改善する

プラセンタ(胎盤)はなぜ肝臓に効果があるのか。

現在、厚生労働省から、プラセンタ注射の保険適用をみとめられているのは、肝臓疾患と、更年期障害の2つです。

そのうち、肝臓の薬として認められているのは、日本生物製剤の「ラエンネック」というプラセンタ注射です。
日本に組織療法を紹介した、稗田健太郎博士が1953年に設立した「久留米組織再生研究所」で開発されたものです。

※組織療法とは、臍帯や胎盤を加熱滅菌して体に埋め込む療法のことです。

もともと、プラセンタ製剤のラエンネックはダメージを受けた肝臓の細胞や組織を再生するための治療薬として誕生しました。

私が住んでいる近所に、プラセンタで有名な、吉田クリニックがあるのですが、吉田クリニックの院長である、吉田健太郎さんに伺ったお話です。
(2016年、ご高齢のため、閉院してしまいました。)

”肝炎でずっと通っている方がいてね。初めは、顔が土色で、どすぐろい顔をしていたの。週に2、3回奥さんにだまって、プラセンタ注射に通っていたんだけど、そのうちに、どす黒かった顔が明るくなって、お肌がしっとりしてね”

肝炎になると、顔がどす黒くなってしまいます。

これが、プラセンタの効果で、かなり改善したのだそうです。モデルさんで大きなシミができてしまい、プラセンタ注射で薄くなった、とういお話も伺いました。

肝炎の治療には、インターフェロンが使われますが、頭痛、発熱、筋肉通、倦怠感などのカゼと似た症状たけでなく、脱毛の副作用があります。

インターフェロンだけに頼らず、プラセンタを併用することで、副作用なく、肝炎を克復する方が多数いらしゃる、との興味深いお話を伺いました。

吉田クリニックで、インターフェロンと、プラセンタの併用で、ほとんどの方がC型肝炎を克復したという結果があるのだそうです。
(インターフェロンの副作用を軽減したり、併用することでインターフェロンの効果が高まる)

プラセンタ療法で肝臓の病気が改善した事例

プラセンタの肝炎の効果について調査した「プラセンタ療法実践者の証言」という本があるのですが、こちらで紹介されている、プラセンタで肝臓を改善した事例を一部ご紹介いたします。(出典:現代書林 吉田健太郎 プラセンタ療法 実践者の証言より)

C型肝炎・肝臓病 プラセンタ療法実践医の証言

70代男性の事例~インターフェロンの効かない肝硬変の症状を改善

・40年以上前に肺結核の手術で受けた輸血が原因でウィルスに感染。ウィルスが長い時間をかけて、肝細胞を破壊し続けたため、肝硬変になってしまった。
インターフェロンを投与すると、ウィルス量は減少した。

しかし、完全にウィルスを除去することはできず、またGOT、GPT数値が上がり始めてしまう。

その後も、もう一度、インターフェロン投与をするも、やはりウィルスの除去はできず、強力ネオノファーゲンCを投与して肝硬変の投与を抑える治療を行っていた。

しかし、病状は悪化をたどる一方で、体のだるさ、倦怠感、腹水などの症状が現れるようになった。

そこで、従来の治療にラエンネックを加えたプラセンタ療法を加えて行った。

ラエンネックを2アンプル~3アンプルを週2、3回の治療を3か月続けたところ、食欲も戻り、ゴルフにまで行けるようになった。

腹水も少しつづ引いてきた

顔色が良くなり、肌ツヤもよくなり、細胞が活性化されたようだ。

脂肪肝で異常に高いGOT・GPTを改善

コンピューター関連の仕事をして夜が遅いのもあるが、ヘトヘトでだるさが抜けない。眠気もひどい。

たまたま、血液検査をしたところ、肝臓の数値が異常に高く、肝脂肪と診断される。

GOTが54、GPTが141、γーGPTは145。

そこで医師から勧められたのが、プラセンタ注射。毎日プラセンタ注射を打った。

4カ月後には、疲労感や倦怠感が改善し、眠気に襲われることもなくなった。

血液の数値もかなり改善した。

GOTが32に、GPTは51に、γーGTPは87に下がった。

症状が改善してからは、注射と錠剤を併用、さらに症状が改善してからは、疲れを感じたときのみ、プラセンタ注射を打っている。

なぜプラセンタは肝臓の治療に効果がある?

例えば、肝炎の治療のポイントは3つあります。

1・原因であるウィルスを除去する

2・炎症を抑える

3・ダメージを受けた肝細胞の再生を促す

1に関して、インターフェロンが利用されており、C型肝炎に関しては、劇的に効果のある新薬が開発されています。

プラセンタは、1・原因であるウィルスを除去する効果は期待できません。しかし、2・炎症を抑える 3・ダメージを受けた肝細胞の再生を促す作用があります。

肝炎によって肝臓の細胞がダメージを受けるのは、ウィルスのせいではありません。

ウィルスが肝臓に侵入したことで、異物を検知した白血球が異物を攻撃しますが、肝臓も攻撃されて、ダメージを受けてしまうのです。

アトピー性皮膚炎もおなじメカニズムです。遺物を攻撃する白血球が、自分の細胞も攻撃してしまうため、炎症が起きるのです。

ウィルスが除去できなくても、白血球によって破壊されたり、炎症が起きた肝細胞の炎症をおさえたり、ダメージをうけた肝細胞の修復を促すことができれば、肝臓の症状の悪化を食い止めることができます。

プラセンタは、肝細胞の再生を促す。肝細胞の再生を促す、グロスファクター、HGF(肝細胞増殖因子)

肝臓は、驚異の回復力を持っています。4分の1を切り取っても、たった1カ月でもとの大きさに戻ります。さらに切りとった部分のみが増殖して、もとの大きさ以上になることはありません。

ラット試験で、肝臓が切除されると、肝臓を修復するために、グロスファクター(HGF=肝細胞増殖因子)が20倍にも増えます。そのことで、細胞のDNA合成が活発になります。

しかし、肝炎になると、肝臓を修復する、グロスファクター(HGF=肝細胞増殖因子)の分泌を押さえてしまう成分が出ます。

グロスファクターの分泌を抑える物質は、TGF-Bです。

TGF-Bは・・・

1・肝細胞増殖因子の分泌を抑えて、肝細胞の再生の邪魔をする。

2・肝臓の繊維化を促す

グロスファクター(HGF=肝細胞増殖因子には・・)

1・肝細胞の分裂や増殖の促進

2・TGF-Bの出現を押させる

3・肝臓の繊維化の分解・除去

TGF-Bも不要な物質ではなく、細胞の増殖、分化の調整(ひとつ一つの細胞が、内臓などの役割をもつ細胞に変化していくこと)、繊維芽細胞の形成、免疫の抑制(異常な免疫を抑制すること。過度に免疫が働くと、自分の細胞を攻撃することもあります。)に必要な成分です。

つまり、TGF-Bと、グロスファクターのバランスが重要です。

肝炎の治療には、肝細胞増殖因子を増やし、働かせることがカギになります。
プラセンタには、細胞を増殖させ、文化誘導し、ひとつの内臓を作り出す、グロスファクター(成長因子)が含まれています。

お母さんのお腹の中で、たった一つの小さな細胞から、内臓が作り出されるのも、グロスファクター=成長因子の役割によります。

zouki

 経口でプラセンタ飲んた場合の肝臓への効果

注射で経口でプラセンタを飲んだ場合の効果はどうなのでしょうか?

私自身はあまり効果を感じないのですが・・(飲むときはかなり飲むので、効果の範囲内を超えていると思われます・・・)。

プラセンタを飲んでいる方々が、口をそろえておっしゃるのが、悪酔いしない、二日酔いにならない、ということです。

お酒を飲む方は、γーGPTの数値が高い傾向にあるのですが、プラセンタを経口で飲んでも、十分効果があります。

経口でプラセンタを飲んでも、肝臓まできちんと届く。動物実験の結果。

注射の場合には、毛細血管から血液にのって肝臓に到達します。

経口の場合には、胃を通り抜け、小腸から吸収されます。胃を通り抜ける間に、強力な胃酸によって分解されますが、果たして効果はあるのでしょうか?

経口プラセンタの効果について実験がなされていますので、ご紹介します。

実験にはウサギが利用されました。肝硬変を引き起こす、四塩化炭素という物質をウサギに与えます。

何も対処をしなければ、肝細胞に異変が起こり、壊死して肝臓が繊維化して、肝硬変を起こします。

しかし、四塩化炭素をうさぎに与える前後に、経口でプラセンタを飲ませたところ、肝臓の繊維化も阻止され、肝硬変の発生の軽減、完全に防止できるといった結果になりました。

プラセンタおたくのブログTOP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事