プラセンタのサプリ/化粧品の口コミブログ。フラコラのプラセンタ、ヴィーナスプラセンタなど人気のプラセンタサプリ/化粧品を徹底レビュー!

menu

プラセンタオタクのブログ【プラセンタサプリお試し口コミブログ】

プラセンタおたくのブログ
【プラセンタ口コミレビュー】
プラセンタって、種類が多くて、
どれがいいのか分かりずらいですよね。

このサイトでは、”本当に効果があるのか” ”安全性は?”など、管理人が実際に プラセンタサプリを体験し、リアルにレビュー していきます!
プラセンタサプリおすすめランキング

フラコラWHITE'stプラセンタつぶ

フラコラプラセンタの口コミ
初回お試し980円

ヴィーナスプラセンタEX

ヴィーナスプラセンタEXの口コミ
超高濃度なのに!!初回1,000円

FUWARI

FUWARIの口コミ
コラーゲン付で初回980円!

海外のプラセンタサプリは危険?個人輸入サプリメントの危険性と副作用

海外からの個人輸入のプラセンタサプリは安全??

こんにちは!

プラセンタおたくのブログの管理人です!

ネット上で、海外のプラセンタサプリが販売されていますね。かなり安い金額で販売されている商品もあります。

しかし、中には、ヒトプラセンタ、注射なども販売されているため、大変危険です。(非合法)

厚生労働省は取り締まりが追い付いていないのでしょう。海外からの個人輸入の健康食品に対して、注意喚起を行っています。

もちろん、海外の商品でもきちんとしたブランドのものもあります。しかし、偽物ではないのか、混ぜ物はないのか、有効成分がきちんと入っているかなど、見極めがかなり難しいのが現状です。

プラセンタサプリメントに関しては、個人輸入では、ニュージーランド産の羊のプラセンタサプリが目立ちます。

海外からの個人輸入のプラセンタサプリを飲むリスクは、どのような環境で製造去されたか不明、混ぜ物が入っている、副作用が起こったときに、メーカーに対して責任を問えない、といったことです。

【厚生労働省注意喚起を行っている、海外からの個人輸入の健康食品、医薬品への注意喚起】

  • 不衛生な場所で製造されたものかもしれない
  • 偽物のの可能性がある
  • 副作用が起こったときに、対応方法が不明

やはり日本製は安全!日本のメーカーのプラセンタサプリメントの原料調達と品質管理

サプリメント会社が製造しているサプリメントの原料ですが、ほぼ原料メーカーから仕入れを行います。

プラセンタサプリメントの原料メーカー一覧

  • 直接仕入れる場合、
  • 商社(総合商社=三菱、三井、丸紅などまたは、専門商社)を通して仕入れる場合

のどちらかです。

商社通しの場合には、商社が品質管理、担保しています。(もちろんメーカーの担当者も最終の品質確認、管理は行います。)

海外からの原料の仕入れであっても、原料メーカー、商社、販売メーカーともに、現地に出向き、衛生面は問題ないかなどの品質管理を厳密に行っています。

特にフラコラのプラセンタを扱う協和(フラコラWHITE’stプラセンタつぶ)、ヴィーナスプラセンタを取り扱うオージオ( ヴィーナスプラセンタEX )などは、スノーデンの原料を取り扱っており、スノーデンは商社を通して、サプリメントメーカーに販売されています。

ですから、品質管理が万全なのです。原料メーカー、商社、販売者とトリプルの品質管理です。

海外からの個人輸入のプラセンタサプリは、どんな原料を使っているのか?・衛星面は問題ないか?・不純物が入っていないか?などが全く不明です。

薬事法や原材料の表記も、国によって全く違いますので、例えば、日本の薬事法で規制されている添加物の記載がないということも考えられます。

そのため、いまずぐ不調が現れなくても、飲み続けた場合に体に影響が起こることは否定できません。

綺麗で健康になるためにサプリを飲むのに、副作用のリスクは避けるべきですね!

日本で購入できるプラセンタサプリメントでも、2000円台から購入できますので、安心なプラセンタサプリを選んで続けていくことが大事です!

日本のメーカーのプラセンタサプリメントを飲んだほうが、絶対に安心

繰り返しになりますが、日本でしっかり品質管理を行っているメーカーの商品で、月2000円代から購入することができます。

客観的に、本当に安全なサプリメントなのかの調査をして、安心・安全マークを付与する協会なども存在しています。

日本サプリメント評議会の安心・安全サプリメントに指定されている、フラコラのプラセンタ

例えば、フラコラのWHITE’stプラセンタつぶは、日本サプリメント評議会の安心・安全サプリメントに指定されています。
日本サプリメント評議会

フラコラWHITE’stプラセンタつぶ

salli3

安心安全マーク

saplimentkougikai

>>フラコラWHITE’stプラセンタを飲んだ口コミレビュー

JHFAマークを取得している、オージオ化粧品(アパレル通販上場企業、ベルーナの子会社)のヴィーナスプラセンタEX

ヴィーナスプラセンタEXですが、トクホマークを発行している公益財団法人 日本健康・栄養食品協会が発行する、JHFAマークを取得しています。
公益財団法人 日本健康・栄養食品協会

ヴィーナスプラセンタEX

ozio

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会が発行する、JHFAマーク

vinusplacenta7

ヴィーナスプラセンタEXの口コミレビュー

海外の個人輸入や医薬品はサプリは非常に危険!

海外からの個人輸入のED薬の4割が偽物だった、とう記事がYAHOOトップで取り上げられていました。

海外からの個人輸入のサプリメントは、とても安いですよね。しかも、濃度が高いものもあるので、私も購入しようかな・・・と迷ったことがあります。

しかし、体に入れるものですし、どんなものが入っていて、どのように影響するかがまったく未知なので、海外の個人輸入のサプリメントは無法地帯のようです。。。

インターネットで入手したED(勃起不全)治療薬の約4割が偽造品--。こんな結果が、ED治療薬を製造・販売する製薬会社4社の調査で分かった。中には国内外問わず正規品では存在しない有効成分量をうたうものや、成分分析の結果、複数種類の不純物が含まれている偽造品も見つかったという。

製薬会社の大手4社が、実際に個人輸入でネットで販売されているED薬を取り寄せて、分析を行ったところ、やはり成分に問題があり、健康被害を起こすリスクがとても高いのだそうです。

  • 有効成分が多すぎたり、不足している
  • 不純物が含まれている

恐ろしいですよね。不純物が何か、詳しくは書いてありませんでしたが、かなり危険です。かなり前ではありますが、中国のやせ薬を飲んで死亡者が出たケースもありました。

厚生労働省が海外からの個人輸入の健康食品・医薬品関して、注意喚起を行っています

すでに厚生労働省が海外からのサプリメントの個人輸入に関して、注意喚起を発信しています。

>>厚生労働省が海外からの個人輸入に関しての注意喚起

  supple

【厚生労働省が海外からの個人輸入の健康食品・医薬品に対して注意喚起を行っています】

※自分の健康を守るのは自分だけです。

  • 日本の薬事法の基準を満たしていない。
  • 不衛生な場所で製造されたものかもしれない
  • 偽物のの可能性がある
  • 副作用が起こったときに、対応方法が不明

海外サプリメントの健康被害に関しては、こちらから見ることができます。

>>健康食品の安全性・有効性情報

海外からの個人輸入の健康被害の一例と厚生労働省の対応

 ①ホスピタルダイエット

>>ホスピタルダイエットの健康被害情報

ホスピタル・ダイエットと称される個人輸入のサプリメントで、死亡例を含む重大な健康被害が報告されています。

甲状腺機能亢進排尿困難、意識もうろう、手足の震、幻覚、幻聴、腹痛、嘔気(嘔吐)、発汗、動悸、息切れ、胃部不快感、偽性バーター症候群による不整脈又は呼吸器麻痺(死亡)、水症状、手足のだるさ、しびれ、急性心不全(死亡)その他・・・

 ②偽物のED治療薬(ファイザーなど)と知らず、ネットで購入をして健康被害が生じた

厚生労働省・個人輸入のED治療薬の6割が偽物

ED治療薬の発売元、ファイザー、バイエル、日本イーライリリー、日本新薬4社の調査によると、インターネット上での個人輸入で販売されているED薬の6割が偽物だったとのこと。

ED治療薬はもともと狭心症の薬として開発されました。血管を拡張させて、血流を増加させます。海外のもので有効成分が異常に多いED薬を飲んだ場合、血圧が下がりすぎて意識不明になり、最悪の場合、意識不明の状態になるケースもあります。(>週刊朝日

 ③ダイエット健康食品 御芝堂減肥 嚢、天天素清脂 嚢 強壮用食品・・・蟻力神、威哥王、男根増長素

ダイエット健康食品 御芝堂減肥 嚢、天天素清脂 嚢・・・死亡4人。(入院多数)肝機能障害・甲状腺障害

蟻力神、威哥王、男根増長素・・・健康被害をもたらすリスクのある成分が検出されています。意識障害の事例があります。(>威哥王、男根増長素の安全情報・被害情報

④RU486(内服妊娠中絶薬)の個人輸入で健康被害が発生

膣からの出血、敗血症、重大な細菌感染症、子宮外妊娠患者への投与による卵管破裂などの副作用が懸念されています。

ネットで購入してが、日本人の運営ではなかった。パッケージも中国語だった

内服妊娠中絶薬を個人輸入したが、届いた商品のパッケージは中国語、販売者に連絡をしても、メールがエラーで帰ってきてしまうとうケースが報告されています。

売ってしまえばこっちのもの、海外ですから、訴訟もできないし、泣き寝入りになる確率が高いです。

月に1000円程度安い海外の商品で、自分の体にリスクを課すことはありません!

プラセンタオタクのブログTOPに戻る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事