プラセンタのサプリ/化粧品の口コミブログ。フラコラのプラセンタ、ヴィーナスプラセンタなど人気のプラセンタサプリ/化粧品を徹底レビュー!

menu

プラセンタオタクのブログ【プラセンタサプリお試し口コミブログ】

プラセンタおたくのブログ
【プラセンタ口コミレビュー】
プラセンタって、種類が多くて、
どれがいいのか分かりずらいですよね。

このサイトでは、”本当に効果があるのか” ”安全性は?”など、管理人が実際に プラセンタサプリを体験し、リアルにレビュー していきます!
プラセンタサプリおすすめランキング

フラコラWHITE'stプラセンタつぶ

フラコラプラセンタの口コミ
初回お試し980円

ヴィーナスプラセンタEX

ヴィーナスプラセンタEXの口コミ
超高濃度なのに!!初回1,000円

FUWARI

FUWARIの口コミ
コラーゲン付で初回980円!

MDポーサインプラセンタ(JBPポーサイン)を飲んでの素直な感想

品川美容外科で買った、JBPポーサイン(MDポーサイン)の口コミレビュー
mdporsain1

豚プラセンタ

品質 review_3
価格 review_3
プラセンタ濃度 review_5
効果 review_5
製造は、ラエンネック。
1粒あたり、350mgなのでとても高濃度!

添加物が入っています。赤色102号 青色1号

私は、普段品川美容外科に、フラクショナルレーザーの施術で通っているのですが、そちらで販売されていた、MDポーサイン(JBPポーサイン)を飲んでみましたので、口コミレビューします。

楽天には、MDポーサインとして売られていますが、製造元は、日本生物製剤(ラエンエック)でして、モノとしては同じです。

MDポーサインとJBPポーサインがあって、いたいどこが違うの?と少し混乱しましたが、恐らく、JBPポーサインとMDポーサインは同じで、発売元が違います。(また、最近MDポーサインは、豚プラセンタと馬プラセンタが追加になったようです。)

つまり、

MDポーサインは株式会社日本生物製剤(ラエンネックを製造している会社さん)で販売は、エクセレントメディカル、

JBPポーサインは製造も販売も、株式会社日本生物製剤ということです。

製造元から買い付けて、パッケージと名前を変えて販売すること”OEM生産”といって、サプリや化粧品の世界ででは良くあることです。

MDポーサインの品質は?プラセンタエキス量や、安全性は?

JBPポーサイン(MDポーサイン)

1粒になんと350mg!高濃度のプラセンタエキスを配合!

1粒に350mgのプラセンタエキスが入っていてかなり高濃度。

※MDポーサインは、1粒に200mgの豚プラセンタ+150mgの馬プラセンタ(プラセンタが追加になりました!)

1箱で100粒入っていますので、1か月分=350mg×90粒・・・1日3粒つまり、1日600mg以上のプラセンタエキスと450mgの馬プラセンタを摂取できるということになります。

かなり、高濃度!!!

「MDポーサイン100」

1週間飲んでみた感想。高濃度なので効果がてきめん!

個人的なことになりますが、生理前や、ストレスでホルモンバランスが崩れると、いらいらするんです・・。自分でも”ホルモンバランスが崩れているよね・・・
って分かるぐらいです。(完全にホルモンの影響だ・・ぐらいに。)周りをけちらすレベルでいらいらします。(って方いませんか・・)

やっぱり、これだけの量のプラセンタエキスを飲んで、バランス良く食べて、しっかり寝れば、ウソのようにすっきりします。

お肌の調子も良くなるし、目の奥の疲れがありません。。

口コミを見ても、かなり評判がいいのもうなずけます。他のプラセンタサプリで、1日に1000近くの濃度を摂取できるサプリはなかなかありません。

高濃度でプラセンタをたっぷり飲む=アミノ酸、ビタミン、タンパク質などをバランス良くたっぷり体内に取り込める=疲れにも効く、お肌の調子も整うということなのです。

MDポーサイン(JBPポーサイン)が特別なものではなく、単純に非常に高濃度なためではないかと、飲んでみて感じました。

気になるのは、品質面です。

一番気にになるところですが、添加物が入っています。

サプリメントは私自身も飲んでいます。サプリを製造するために、ある程度の添加物は必要です。添加物ゼロのサプリはほぼありません。

ですから、できる限りバランスの良い食事と睡眠、運動で健康維持をして、必要とされる、加えたい栄養素のサプリを足すことが懸命です。

まずは、サプリを購入するまえには、どのような添加物が入っているのか、確認して、納得してから購入するようにしましょう。

MDポーサインを見てみますと、原料に赤色102号、青色1号が入っています。

JBPプラセンタエキス(ブタ、ウマ) (350mg/粒 : 20粒中 7,000mg)、HPMC、着色料(酸化チタン、赤色102号、青色1号

赤色102号、青色1号はタール色素と呼ばれる添加物で、アメリカやヨーロッパでは使用が禁止されている添加物です。

赤102とは別名ニューコクシンというタール色素に分類される赤色の合成着色料(合成色素)です。赤紫蘇、紅麹、赤キャベツなど天然の合成色素が広く使われる中で、赤色の合成着色料(合成色素)です。2007年現在、日本では認可されていますが、アメリカ・カナダなど多くの国でアレルギー性がある食品添加物という事で使用が禁止されています。日本では承認されているものの危険性も認識されており、毒性のDBも公開されています。赤102は摂取を控えた方が良い食品添加物の一つです。

サプリメントは毎日体に入れるものであり、長く飲むことで体を変えていく意味があります。原材料も”安全””安心”のものを選ぶのがベストです。

赤色102号を長期間摂取した場合の体への影響が少し気になります。

プラセンタ濃度は高いけど、価格が少し高い・・・

お肌に、ホルモンバランスにガツンと効きます。さすが、16000円。

ネットの口コミもかなり良く、一度飲んでみるのもありです!

ただし、毎月16000円はかなりきつい出費です。こちらのブログでは・品質良し・プラセンタ濃度よし・価格よし・安全性よしの3拍子で続けられるプラセンタを優秀としています。

定期なら、14000円程度で買えますが、毎月14000円はすこし家計的にきびしいかもしれないですね。

MDポーサインは、プラセンタ濃度では合格なのですが、特に価格の部分が厳しいです。

高濃度かつ安心安全なおすすめのプラセンタ

MDポーサインは、価格面と、添加物がネックかもしれません。

管理人はいろいろとプラセンタサプリを試していますが、高濃度で、価格も安く、安心安全だと言えば、ヴィーナスプラセンタEXです。

>>ヴィーナスプラセンタEXの口コミレビューはこちら

販売元のオージオ化粧品は、大手アパレル通販のベルーナの100%出資会社です。

最近購入して飲んでみた、「ヴィーナスプラセンタEX」1日分で540mgのプラセンタエキスが摂取できて、価格も安く(定期で飲むのがおすすめ)、危険添加物も入っていません。

できるかぎり添加物を省き(入っているとしても、安全なもの。ゼラチンなど、天然素材の添加物)、価格も良心的でおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事