未分類

プラセンタでエストロゲン値がアップ、FSH値が改善

Pocket
LINEで送る

プラセンタで、生理不順が改善

私の場合、プラセンタを始めたのは、生理不順がきっかけです。

ある日突然なのですが、その月の生理が、1日で終わってしまったのです。
(完全な、過小・過短月経)

冷やしたからかな・・と思ったのですが、
実は、昨年受けた、健康診断で、子宮がん検診にひかかってしまい、
なんどか、検査で婦人科に通っているところだったため、
不安になり、婦人科に行きました。

そちらの婦人科で、”血液検査をしましょう”と言われ、
そのときには、なぜ生理不順で血液検査?と思っていたのですが、
検査の結果を聞き、驚愕・・・(FSHが高い。なんと15)

そのとき、初めて、”FSH”という血液の値があることを
知りました。

FSHとは、”卵胞刺激ホルモン”
つまり、FSHの値が高いほど、このホルモンをいっぱい出さないと、
排卵が起きないよ~ということ。

つまり、卵巣の機能が下がってしまっていると・・

まだそんな歳じゃないし・・と思っていたので、すごくショックでした。

ピルなどを処方されたのですが、ピルって、ずっと飲むものなのかな?
と思います。

やっぱり自分の力で、自然治癒で、自分の体や子宮や、卵巣を元気に
したいですよね。

”ピル”はあくまでも”補うもの”ではないかと。

いろいろ調べた結果、プラセンタ療法はホルモンバランスを整え、
不妊治療にも使用され、更年期障害では、保険も適用されている
と知り、プラセンタ療法を始めました。

注射+サプリを半年飲んで、エストロゲン値とFSH値が改善

プラセンタの注射を毎週うち、サプリも毎日。

そうすると、お肌の調子も良くなり、”若く見えるね~”
(色白になって、赤味が消えた)
と言われる機会が増えましたし、貧血で疲れやすい体質だったのですが、
だいぶ楽になってきたのです!

漢方(当帰など)も処方してもらっていたのですが、
改善できなかったのが、プラセンタを初めて(完全ではないけれど)
エストロゲン値とFSHも以前よりも少しずつ良くなってきています。

プラセンタは不妊に効果があるといいますよね。
卵巣の働きを元気にして、質の良い卵子を作ってくれると言われています。

私達も、お母さんの”胎盤”から栄養をもらって育ち、
今はその胎盤をを飲んで、新しく生まれてくる卵子を育てようと
しているって、なんだか、理にかなっていますよね。

プラセンタってやっぱり素晴らしい♪

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る