しみ

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールの口コミレビューUV効果、副作用など検証。

Pocket
LINEで送る

価格 1500mg~2000㎎前後
原料 還元麦芽糖、豚プラセンタエキス末、パイナップル果実抽出物、ビタミンC、結晶セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Ca、着色料(トマトリコピン、カロテン、マリーゴールド、ヘマトコッカス藻色素、パプリカ色素)、微粒酸化ケイ素、(原材料の一部にゼラチンを含む)
危ない添加物 微粒酸化ケイ素(動物実験での危険性は指摘されていない)
美容成分 プラセンタエキス末 152mg(プラセンタとして5000mg相当)、ブライトニングパイン® 30mg(セラミド含有パイナップル果実抽出物)
プラセンタ濃度 3粒あたり5000mg(原料換算)・エキス換算(152㎎)

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールの添加物・安全性は?

ザ・プラセンタ ウルトラヴェール

一番重要なことは、”添加物”のチェックです。ザ・プラセンタ ウルトラヴェールの添加物をチェックしてみましょう。

  • 還元麦芽糖(毒性なし)
  • 結晶セルロース(毒性なし)
  • ヒドロキシプロピルセルロース(毒性なし)
  • ステアリン酸Ca(毒性の報告はなし。しかし、安全性は確認されていない)
  • 微粒酸化ケイ素(おすすめできない。×炎症性サイトカインの 産生、酸化ストレス、一酸化窒素(NO) レベルの増加が引き起こされることが分かりました。
  • パプリカ色素(あまりおすすめできない。マウスで体重増加の傾向)

この添加物の中で一番気になるのは、微粒二酸化ケイ素です。酸化ケイ素は、炎症性サイトカインの 産生、酸化ストレス、一酸化窒素(NO) レベルの増加が見られています。

マウスでの実験ですので、人体では相当量の添加物を飲まないと毒性はでませんが、逆に、ヒトが長期的に飲んだ際の毒性も検証されていないといえます。

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールの美容成分を検証!

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールの美容成分を見てみましょう。
※医薬品ではありませんので、効果を保証するものではありません!参考程度に。

全体的に、紫外線ダメージに対応する抗酸化成分が意識して配合されています。

  • 豚プラセンタエキス末・・・胎盤を原料にしている。多くは、豚・馬などが製品化されている。更年期、美肌ケアに利用されている。
  • パイナップル果実抽出物(ブライトニングパイン)・・・植物性セラミド。美白効果、保湿効果。
  • ビタミンC・・・抗酸化力が強い。コレステロールの酸化防止免疫力を高める。コラーゲンの生成にも関わる。
    トマトリコピン・・・体内で活性酸素が増えるのを防ぐ。体内の組織、脂肪が酸化するのを防ぐ。リコピンの抗酸化能力は、ビタミンEの100倍、ベータカロテンの2倍
  • カロテン(ルテイン)・・・植物界では緑葉、花、果実、根など、動物界では、血液、諸臓器、脂肪、卵黄、乳などに存在するカロチノイド色素。整肌効果、皮膚新陳代謝調節効果、紫外線防御効果がある。
  • マリーゴールド・・・古くからハーブとして利用されている。すぐれた抗炎症作用を持つ。肌を鎮静させ、敏感肌をいたわる。
  • ヘマトコッカス藻色素(アスタキサンチン)・・・抗酸化成分として有名。エビ・カニ・タイ・サケの赤味部分に含まれる成分。紫外線や酸化から細胞を守る。
  • パプリカ色素(βクリプトキサンチン)・・・抗酸化成分

なぞな部分が、”パプリカ色素”は、着色料でも、抗酸化成分としても利用されていることです。パプリカ色素の有用成分、パプリカキサントフィルはグリコが開発した抗酸化成分です。

赤いパプリカの抗酸化成分(グリコ)

パイナップル抽出液=飲む日焼け止めって!?ザ・プラセンタ ウルトラヴェールはUVカット効果はあるの?

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールも、”飲む日焼け止め”と定義されています。

飲む日焼け止は、数年前から流行っており、どんな成分が”飲む日焼け止め”と定義されているかというと・・・

  • パイナップル抽出物(ブライトニングパイン)
  • シトラスとローズマリーに含まれる天然ポリフェノール
  • Lシステイン・ビタミンC

パイナップル抽出物、植物性ポリフェノール、Lシステインが含まれるものを”飲む日焼け止め”とうたっているものが目立ちます。

パイナップル抽出物(ブライトニングパイン)がなぜ飲む日焼け止めと呼ばれる?メカニズムは?

※美白効果・UV効果・日焼け止め効果を保証するものではありません。

紫外線によって活性酸素が発生すると、細胞を守るために、メラニン色素が発生します。生成されたメラニンは、若いころはターンオーバーで新しい細胞が生まれ変わると同時になくなりますが、だんだん年齢とともにターンオーバーが遅くなり細胞に残った状態になります。

これがシミですね。

美白のメカニズムは3つあります。

  1. メラニンを抑制する
  2. メラニンを排出する
  3. メラニンを還元する(分解する)
メラニンの生成を抑制 ビタミンC誘導体・プラセンタ・アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール・カモミラET・トラネキサム酸・プラセンタエキス・リノール酸
メラニンを排出 ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・リノール酸
メラニンを還元
(分解)
ビタミンC誘導体・エラグ酸

ブライトニングパインを含め、”飲む日焼けどめ”と呼ばれるものは、紫外線が肌に入り込むこと、ダメージを与えることを減らすわけではありません。

ブライトニングパインを開発した原料メーカーの丸善製薬の研究によると、ブライトニングパインは1・メラニン抑制作用の機能になります。

ブライトニングパインをはじめ、美白に有用とされる成分は、あくまでも、紫外線のダメージを受けて発生した活性酸素でできたメラニンをできにくくする、できてしまったシミを分解、排出するのであって、紫外線をブロックはしません!

紫外線は日焼けどめをつけないと、肌に入り込みます。とくにUVAは波長が長いため、真皮の奥までダメージが及びます。

紫外線

日焼け止めは、紫外線そのものを遮断します。ザ・プラセンタ ウルトラヴェールは”UVカット”をする効果はありません。

”飲む日焼け止め”というとまるで紫外線カット効果があると勘違いしてしまいそうですが、日焼け止めはやっぱり必須なんですね。

きちんと日焼け止めも併用して、紫外線からしっかり肌を守りましょう!

ブライトニングパインの臨床試験

ブライトニングパインは、原料メーカーの丸善が開発したフルーツ由来(パイナップル由来)の植物原料です。

ブライトニングパインの詳細(健康EXPO)>ブライトニングパイン

※効果を保証するものではありません。あくまでも臨床結果です。

<実施された臨床試験>

対象者:健康な男性10名。人工的に紫外線によって色素沈着部分を作成。

1・ブライトニングパイン配合カプセル(1日30㎎)・・・10名
2・ブライトニングパイン無配合のものを1錠(偽薬によるフラセボ試験)・・・10名

皮膚の明るさ、メラニン量を比較。

<結果>

ブライトニングパインを摂取することによりメラニン量が 減少し、皮膚の明るさが上昇しました。

丸善・ブライトニングパインの研究

↓ブライトニングパインの経口摂取でのメラニン量の変化

↑プラセンタパインを飲んだ男性と、偽薬を飲んだ男性のメラニンの減少の比較です。

ただし、結論は、紫外線対策なら、Lシステイン、ビタミンCを飲むほうがベスト

メラニンを排出する効果がある医薬品として認められているのは、Lシステインです。

例えば、有名な商品だと、ハイチオールCなどです。メラニンの排出、肌のターンオーバーを促して、シミを消すという効果は、医薬品ですのでLーシステインのほうが高いと言えます。

L-システイン

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールの考えられる福作用は?注意点など

・”飲む日焼け止め”とうたわれていますが、UVカット、紫外線防止効果があるということではありません。期待して、日焼け止めの使用を怠ると、紫外線ダメージ、日焼けダメージをうけて、シミ、シワの原因になります。

・添加物の微粒酸化ケイ素はあまりおすすめ

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールの評価ポイント

・プラセンタと”飲む日焼け止め”と呼ばれているインナーケアが同時にできることがメリット。

  • 添加物の微粒二酸化ケイ素が気になります。

美白を期待するなら、ビタミンCや、L-システイン(ハイチオール)など、医薬品として効果効能を認められているものを取り入れることがベストです。

ザ・プラセンタ ウルトラヴェールは、1日あたりのプラセンタのエキス換算で152㎎(原料換算5000㎎)です。プラセンタの良さを期待するなら、もう少ししっかりとプラセンタ濃度が入ったプラセンタサプリのようがプラセンタの良さを実感できるかもしれません。

同じドラックストアで低価格のマルマンのプラセンタは、価格帯も1000円弱で、エキス換算300㎎(原料換算5000㎎)とプラセンタ濃度が倍です。

マルマンプラセンタ15000・20000PREMIUMの口コミ体験レビュー・原料評価・副作用の検証

 

Pocket
LINEで送る